医療事務講座を受けて知識を得よう|効率のいい授業

女の人

将来を見据えて

子供と婦人

必要な免許を

子どものころに通った幼稚園の優しい先生に憧れて、将来は幼稚園教諭になりたいと思っているかたもいらっしゃると思います。幼稚園の先生になるためには幼稚園教諭の免許が必要になりますが、そのために大学に通うかたが多いです。幼稚園教諭は、保護者の代わりに保育をおこなう保育士とは異なり、学校教育に基づいた教育をおこなう先生です。幼稚園教諭の免許には、保育士の経験があるかたが試験に合格する方法もありますが、専修、1種、2種と種類があり、専修の場合は大学院、1種の場合は大学、2種は短大など、養成の過程で取得できるものが違います。それぞれの免許を取得後は、幼稚園教諭の経験などがあり検定に合格することで上位の免許が授与されます。しかし将来、幼稚園の経営など園長先生を目指すのであれば1種の免許が必要になっているので始めから大学で学位を取得したほうがメリットがあります。また、卒業後に働く幼稚園など場所によっては、取得した免許によってお給料に差がある可能性もありますので、少しでもお給料を上げたいというかたは2種免許よりも1種免許の取得をオススメします。忙しいかたなど、自分の空いている時間で幼稚園教諭の免許を取得したいかたには、大学などがおこなっている通信講座もオススメです。自宅に送られてきた教科書をつかって在宅での勉強ができますので、働きながら免許をとりたいかたにもピッタリです。インターネットから無料で資料請求できる学校がほとんどなので、気になる学校があれば遠慮せずに申し込んでみてください。