医療事務講座を受けて知識を得よう|効率のいい授業

女の人

選択肢を広げられる養成校

保育園

子供に関するエキスパート

保育士になる方法は二通りあります。一つは試験に合格する事。もう一つが大学や短大等の養成校を卒業する方法です。養成校卒業ですと国家試験を受けずに保育士資格を取得できます。国家試験の合格率は実技もあり例年低い傾向にあります。試験での取得は難易度が高い反面、養成校では卒業が条件となる為、多くは大学や短大を経由して取得します。保育士養成校は短大や大学、専門学校と選択肢は多くあります。どれが自分に合うか見極める事は難しいです。その中でも大学は学ぶ期間は一番長く、保育士としての教養以外に子供に関する知識を多く得られる場所と言えます。広く深く保育に関わる知識を得られるので、中には保育士以外の資格を目指せる大学もあります。教育の部分でも幼稚園教諭は短大までですが、大学では小学校教諭一種まで狙う事ができます。他にも現在現場で渇望されている臨床心理士など、一つグレードの高い専門的な職に就くことも目指せます。卒業時に保育士と教諭免許や、臨床心理士といった子供のエキスパートになれる事から、就職しやすくなる可能性も高まります。その為、大学を選択肢に入れている人も多いです。また、大学卒業すると学士が取得できます。最終学歴が大卒になるので、もしも他の道を選ぶ事になっても、卒業した事は無駄になりません。保育士の勉強に興味があるが、最終的になるか迷っている。その様な場合、選択肢を広げられる大学は大いに活用できる養成校と言えます。